歩行時の首の痛みについて…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 施術について, 症状について, 肩・首の痛み

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院です。

 

首の痛みにもいろいろありますが、今回は歩行時の首の痛みについてです。

 

あまりない症例ですが、体の繋がりを知る意味では非常に参考になる症例です。

歩くと首が痛い

先日、歩くと左の首が痛いという患者様がいらっしゃいました。

 

歩く意外はそうでもないそうなのですが、歩くと必ず左の首が痛くなるということです。

 

確かに首の付け根に圧痛があり、少し盛り上がっています。

 

この部分は中斜角筋と呼ばれる筋肉で、首の骨から第1肋骨につく筋肉です。

 

この筋肉は第1肋骨がずれても緊張しやすくなります。

 

しかし、試しに肋骨の調整を行いましたが反応はありません。

 

そこで改めて検査をすると、原因が見つかりました。

 

それは股関節の筋肉である大腰筋でした。

首の痛みの原因が股関節にある理由

大腰筋とは腰椎の前面から股関節につく筋肉で、骨盤を前傾させたり、あとは股関節を曲げる機能があります。

 

一見首の痛みに関係ないように見えますが、この筋肉は先程紹介した中斜角筋と筋膜で繋がりがあります。

 

つまり、大腰筋の緊張が中斜角筋を引っ張り、痛みを誘発したと考えられます。

 

大腰筋が原因ならば、歩行では股関節が動く時に大腰筋が使われますので、その時に首に痛みが出たと言うのも納得できます。

 

実際に、左の大腰筋を調整したら、首の痛みは無くなりました。

 

このような事例は、人体は一つのユニットであるというオステオパシーの原則を体感させてくれます。

 

皆様のなかなか治らない痛みも、原因が患部から離れている所にあるかもしれません。

 

もしお悩みなら、体を総合的に見てくれるオステオパシーを行う先生の所でお体を見て頂くことをお勧めいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA