その坐骨神経痛は「偽」座骨神経痛かも…?・・・船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 症状について, 腰痛

船橋市のオステオパシー整体、かげん鍼灸院・整体院です。

 

皆様の中には坐骨神経痛で悩んでいる方も多いのではないのでしょうか?

その中には座骨神経痛と病院で診断をされた方もいれば、ご自分でネットで調べ、そう思った方も多いと思います。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

その症状は本当に座骨神経痛なのでしょうか?

 

当院にいらっしゃる患者様の中には座骨神経痛と診断されたにも関わらず、実際には坐骨神経痛でなかった方が多数いらっしゃいます。

 

そのような人ほどどこに行っても症状が改善しなかったという方が多いですが、座骨神経の治療しかしていないので、それは当然のことです。

 

では、この座骨神経痛に似た症状、座骨神経痛と比べてどのような特徴があり、どんな原因で引き起こされるのでしょうか?

 

今回は「偽」座骨神経痛についてのお話です。

 

そもそも座骨神経痛とは?

座骨神経痛とは、文字通り「座骨神経」の沿った痛みの事です。

座骨神経の神経支配領域は太ももの裏や外側、ふくらはぎに関しては、ほぼ全領域を支配しています

この神経が何かしらの影響で過度に圧迫牽引されることにより神経支配の領域に痛みやしびれが出てきます。

 

ここで座骨神経痛に関して、誤解がないように言っておきたいのですが、坐骨神経痛はあくまで症状であって、病名ではありません。

 

だから、病院で「座骨神経痛ですね」と言われたら、それはみぞおち(心窩部)が痛くて病院に行ったら、「心窩部痛ですね」と言われたのと同じことなのです。

 

問題は坐骨神経がどこで圧迫されたり刺激を受けて症状が出ているかが重要であり、そこに手を施さなければ、薬を飲んでもいつまでたっても症状が改善しない可能性が高いのです。

「偽」座骨神経痛の見極め方

では、坐骨神経痛と「偽」座骨神経痛とでは何が違うのでしょうか?

それは痛みの出ている位置が違います。

 

座骨神経が太ももの裏、外側やふくらはぎが痛いのに対して、「偽」座骨神経は太もも前や股関節の前からお尻にかけて痛みを訴える人が多いです

 

この太ももの前や股関節前側は大腿神経をはじめとする、「腰神経」という神経の支配領域です。

 

座骨神経は腰神経よりも下の腰椎の4番、5番、そして仙骨から出る神経で、

腰神経は胸椎の12番~4番からでる神経です。

 

このように、痛みを出している神経が坐骨神経痛とは別ものなので、その発症も座骨神経痛と全く異なる過程をたどるのです。

 

なぜ「偽」座骨神経痛が起こるのか?

「偽」座骨神経痛が起こる理由は様々ですが、比較的多いのは「大腰筋による圧迫」、そして、「大腰筋と腸骨筋の間での圧迫」です。

大腰筋による圧迫

大腰筋は腰椎の前方から股関節にかけて走行する筋肉ですが、腰神経は背骨を出るとこの筋肉の中を通過します。

だから、大腰筋が過度に緊張すると腰神経が刺激され、脚まで痛みや症状が出やすくなります。

 

 

大腰筋と腸骨筋の間で圧迫

 

腸骨筋とは骨盤の前から股関節につく筋肉です。この筋肉は股関節では大腰筋と同じ所に付着します。

この股関節の付着部では大腰筋と腸骨筋の間は溝状になっており、この溝の部分に大腿神経が通過する形になっています。

だから、腸骨筋や大腰筋が緊張をおこすと、この溝の間で神経が絞扼され、脚に痛みが出やすくなるのです。

 

どのような人に起こりやすいのか

「偽」座骨神経痛は座り仕事の人に発症することが多いです

なぜなら、大腰筋、腸骨筋は股関節を曲げる筋肉なので、座り仕事では股関節が曲がり、それらの筋が常に緊張しやすい状態を強いられてしまうからです。

 

予防には、時間を決めて時々歩いたり、立ったりすることが大事です

なぜ「偽」座骨神経痛が見逃されやすいか?

なぜ「偽」座骨神経痛が見逃されやすいのでしょうか?

 

それは座骨神経痛が、「脚の痛みやしびれの症状のごみ捨て場」的な扱いを受けているからです。

 

病院では診療時間が決まっていて、短い時間で診断を下さなくてはなりません。

それでもしっかり見てくれる先生も確かにいます。しかし、ほとんどの先生が「脚の痛み・しびれ=座骨神経痛」と診断し、お薬で対処している所がほとんどです。

 

なぜなら、その方が診療上効率が良いからです。

 

実際には痛みの出る領域を見れば、坐骨神経痛と見誤ることはほとんどありません。

オステオパシーで出来る事

「偽」座骨神経痛に関しては、

腸骨筋・大腰筋へのアプローチで問題が解決する事がほとんどです

 

ただ、大腰筋や腸骨筋を緊張させる別の要素が隠れている可能性があります。

内臓だと腎臓、肝臓、大腸、胃など、背骨だと胸椎や腰椎、他には頸椎や頭蓋骨が関係している場合もあります。

 

つまり、体全体をグローバルに見る事が重要だと言えます。

 

 

このようにあなたが坐骨神経痛だと思っていた症状が実は偽物だったかもしれません。

もし、ご自分の症状が「偽」座骨神経痛に当てはまるなら、お近くの整体に通われることをお勧めいたします。

 

当院では坐骨神経痛でお悩みの方のために、LINEで無料アドバイスも行っております。

ご希望の方はトップページよりLINEに登録後、ご連絡くださいせ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA