歩くのが疲れる、つらい人に試してほしいこと(キビキビ歩きたい方へ)…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 健康法, 座骨神経痛, 症状について, 腰痛

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

歩く時に体が重かったり、キビキビ歩けない、または腰が痛いなどのお悩みをお持ちの人に是非試してほしいことがあります。

 

今回紹介する方法を実践する事により、楽に歩く事ができる可能性があります。また、腰が痛い人も、完全に腰の痛みが消えないまでも、今までよりも負担なく歩けるようになると思います。

 

歩く時に意識する場所

 

今回意識してもらいたいところは手で、その中でも中手骨という骨を意識してもらいます。

 

中手骨とは手のひらの骨ですが、中手骨は手首寄りでは手根骨、指寄りでは基節骨という指の根本の骨に関節をもっています。

この中手骨を意識してもらうわけですが、どのように意識するかという、中手骨を含めて指だというイメージを持って頂きたいのです

親指も含め手の中手骨から指だと思って頂けると手のひらが凹んで、アーチができた状態となります

 

この状態で歩いてみると、キビキビ歩けたり、腰の痛みがなくなるか、痛みが完全に消えなくても楽に歩けると思います。

なぜ手を意識すると歩きやすくなるのか?

なぜ手を意識すると歩きやすくなるのでしょうか?

 

そもそも人間も元を辿れば遠いご先祖様は4つ足動物で手も歩行の道具の一つでした。だから、手の使い方一つでも歩き方が変わってきます。

 

手の正しい使い方は中手骨から指だと思い使う事です。そうすることで手がまとまり、上肢が安定し、結果体の軸も安定し、歩きやすくなります。

 

手より足を意識した方がいいのではないかと思う人も多いかもしれませんが、足を意識させてしまう程、特に脚に怪我をした事がある人や痛みのある人は悪い所にフォーカスが行きやすく、それだけで姿勢が崩れやすくなります。

 

だから、あえて足ではなく、手を意識する方が良いと言うことです。

 

夏場は特に脚が重くなりがちなので、是非試して頂けるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA