ストレス性、心因性腰痛を良くするための考え方について…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 施術について, 症状について, 腰痛, 自律神経

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

皆さん、心因性腰痛という言葉を聞いた事があるでしょうか?

心因性腰痛とは精神的ストレスが原因となり発生する腰痛の事です。

原因不明と言われる腰痛の38%はこの心因性腰痛だというデータもあり、
腰痛の原因の中では比較的、多くの割合を締めています。

もちろん、このような心因性の腰痛は精神的ストレスが無くなれば腰痛が改善する可能性はあるのですが、

精神的ストレスの原因が解決が難しい場合は、
そのストレスに対する耐性をつけていく事が大事になります。

とは言っても、そのストレスに対して、我慢出来る精神力をつけるのではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

ストレス性、心因性腰痛を改善するための考え方

そもそもストレスで腰痛が発症してしまう人は、
体にどのような変化が起こっているのでしょうか?

それはストレスに対して体の一部が過剰に反応してしまい、そこが原因で腰痛が起きてしまっているのです。

例えば、ストレスに対して腰椎が反応してしまう状態が構築されていれば、

ストレスを受けるたびに腰椎が歪んでしまい、腰痛が起こるという負の連鎖が出来上がってしまいます。

このような負の連鎖を断ち切るためには、ストレスに過剰な反応してしまう場所が

ストレスに反応しづらいように手を施してあげる事が大事になります。

特にストレスに対しては自律神経の一つ交感神経が反応してしまうので、交感神経が過剰に反応している所に対してアプローチしてあげる事が必要になります。

そうすれば、
体がストレスに対して、過剰に反応しなくなってくるので、腰痛も改善していきます。

もちろん、ストレスがとてつもなく大きなものだと難しいこともありますが、

そうでない限り、心因性の腰痛でも手技で改善する可能性はあります。

心因性腰痛はカウンセリングや、上司や家族などの協力者、もしくは投薬による対処が行われます。

確かにそれらの対処も必要ですが、
現実問題、協力者を得る事が難しい状況が多いと思います。

先程も言いましたが、手技でもストレス性、心因性腰痛は改善する可能性はあるので、

もし今回のお話に心当たりがあるのなら、当院にご相談頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA