体の不調が抜けない人と感情の関係…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 内臓, 施術について, 症状について, 耳鳴り、難聴、めまい, 肩・首の痛み, 腰痛, 自律神経, 逆流性食道炎

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

体の不調がなかなか抜けない、ある時期を境に体が言うことを聞かなくなった…そんな状態の人はいないでしょうか?

明らかに体の調子が悪いのに、整体や鍼に行っても良くならない、さらには病院でCTやMRIを撮ったり、心療内科まで紹介されたのに不調の原因が分からない、そのような患者様も当院にはいらっしゃいました。

 

病院でも原因が分からない体の不調、それは本人にとってはとても不安な事だと思います。

 

なぜなら、原因が分からないと言うことは対処法もないわけで、さらにはこのまま悪くなる可能性もあるという事です…。

 

だから、今回はそのような原因不明の不調でお悩みの方のために、その原因として考えられる意外な要素についてお話をします。

 

もし、ご自分がこれからお話する状況に当てはまるなら、その症状はオステオパシーで良くなるかもしれません。

 

原因不明の不調の原因

当院には原因不明の症状や痛みで来院される方が多く、その中には病院で診てもらったにも関わらず、明確な原因解明に至らなかった症例も多いです。

 

でも、そのような患者様の大半はある要素が関係して症状を発症している場合が多いです。

 

それは、筋肉や内臓や関節など肉体の問題ではなく、精神的な問題、もっと細かく言えば感情の問題です。

 

こういうと、スピリチュアル的な話と思い眉をしかめる方も多いと思いますが、

オステオパシーでは、肉体と精神と魂は三位一体でお互いに影響し合っていると考えており、それを科学的に捉えて来ました。

 

実際に当院の患者様も感情の問題を解決すると症状が大幅に改善する事があります。

感情がなぜ不調を生むのか

 

では、感情がなぜ不調を生むのでしょうか?

それは、感情が自律神経を大きく乱すこと、あと、量子力学的に見ると感情もエネルギーであり、大きく人体に影響を与える要素だからです。

 

皆様も誰かが険悪なムードでいるとピリピリした感じを体感した事はあるのではないでしょうか?

 

それはまさに他人の感情がご自分に影響を与えている瞬間なのです。

 

もちろん感情が周りに与える影響はネガティブ的なものだけだはなく、ハッピーな人のそばにいると自分とハッピーな気持ちになるように、プラスな働く場合もあります。

 

でも、ネガティブな感情は自分だけでなく他人を傷つけてしまうことがあります。

 

例えば、誰かと肩がぶつかって相手が「チッ!」と心の中で思ったとします。

 

そうするとその感情は負のエネルギーとなって、あなたを攻撃してきます。

 

でも、このくらいなら大きな不調は生まれませんが、

誰から仕事でクレームを受けたり、

上司から感情的に怒られたり、

病院の先生に理不尽な対応で中傷されたり

❨これらは当院の患者様に実際にであった例ではありますが❩、

このような直接的な感情による攻撃は攻撃を受けた側に思いも寄らない悪影響を与えることがあります。

感情に対するオステオパシーの施術

オステオパシーは最近ではトランプ大統領の専属医がオステオパシー医師だったことで注目されましたが、アメリカでは日本で言うお医者の使う手技です。

 

だから、感情に対する問題もスピリチュアルな方向ではなく、ある程度科学的に考えて対応していきます。

 

主に感情の問題は内臓に出やすいです。

それは自律神経が内臓をコントロールする神経のため、感情が自律神経に与える影響がダイレクトに内臓に出てしまうからです。

 

直接的な感情の攻撃を受けた人もほとんどが内臓に影響が出ています。

 

ですから内臓を介して、感情の影響を受けた自律神経が正常化するように促し、そして、感情の影響を取り除く施術をします。

 

これには脳脊髄液という、脳や脊髄を取り巻く液体の力を利用するのですが、まさに液体の力で、感情を「水に流す」作業をするのです。

 

感情の影響は本人は気付かないことが多いです。

 

でも、明らかに体を蝕みます。

 

もし、自分が攻撃的な感情を受けていると感じたら、オステオパシーの施術を受けて頂くことが、原因不明の不調から抜け出す近道だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA