右側だけが痛い、左側だけが痛いという人に気付いてほしい事…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 施術について, 症状について, 自律神経

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

よく患者様の中で、

肩も腰右側ばかり痛くなるんだよね」とか、

左側が全体的に痛い」と言う人がいます。

 

体の片方ばかり痛くなる人、そのような人には気付いて頂きたいことがあります。

 

これは解剖学的にとか、医学的にという話では無いのですが、とてと重要な話です。

 

では、体の片側だけ痛くなる人に気付いてほしい事とは一体何でしょうか?

体の片側はばかり痛くなる理由

これは私のオステオパシーの先生である、日本で唯一のオステオパシー・ドクターである森田博也先生に聞いたお話です。

 

森田先生がアメリカの病院でインターンをしていた時に、右肩を痛めた女性が来院されてそうです。

 

アメリカでは医師がオステオパシーの手技を使って施術をしています。

 

この時もアメリカの先生がその患者様の施術を行い、森田先生はアシスタントで施術を手伝ったそうです。

 

通常、施術を行なうと痛みの原因となる組織の解放が起こり、それによって施術は終了するのですが、この時は中々組織が解放されなかったようです。

 

そこで、その先生が患者様に、「最近息子さんの様子はいかがですか?」と聞いたそうです。

すると、その患者様は突然泣き出し、その瞬間組織の解放が起きて肩の痛みはなくなったようです。

 

後で森田先生がなぜ息子さんの話をしたのか聞いた所、この女性には引きこもりの息子さんがいて、その事でとても悩んでいたそうです。

 

この女性が右側の肩に症状があり、そして、なかなか施術が進行しないことから、感情の問題と判断したようです。

 

ちなみに右側の痛みは男性、左側は女性に対する感情が関係します。

 

右ばかり、左ばかり痛いと思ったら…

右ばかり、または左ばかり痛いと思ったら、もしかしたらある特定の人に対する感情が関わっているかもしれません。

 

そして、あなたがそうだとしたら、右側、左側どちらに痛みがあるかでご自分の感情が男性、女性どちらに向いているか判断し、

それを手がかりに誰に向かってどのような感情が働いているかを理解すると良いでしょう。

それだけでも痛みが軽減したり、改善することもあります。

 

ただ、それだけでは解決せず、

自分の痛みが感情と関係あるのではないかと感じたら、オステオパシーを使う先生の元で施術を受ける事をおすすめ致します。

 

オステオパシーは肉体と感情の問題は相関関係があると認識しています。

 

このような痛みは中々肉体的な治療だけでは治らないので、一人で悩まず、ご相談して頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA