耳のつまり、圧迫感のための簡単セルフケア…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 健康法, 施術について, 症状について, 耳鳴り、難聴、めまい, 自律神経

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

本日は耳の圧迫感やつまり感でお悩みのために非常に簡単なセルフケアを紹介します。

 

耳のつまり感、圧迫感のためのセルフケア

セルフケアの方法は非常に簡単です。

 

耳の穴の下の窪みをつまんで、耳を上、下、横、前、後ろに引っ張ってみて下さい。

 

このいずれかで耳の感じが良くなる所があれば、そこで20秒くらい引っ張ります。

 

人によって痛い場合もありますが、何回か繰り返す内になくなって来ると思います。

 

なぜ耳をひっぱると圧迫感が無くなるのか

なぜ、耳を引っ張る事により、圧迫感やつまり感が減るのでしょうか?

それは、耳を引っ張る事により、硬膜を牽引できるからです。

 

硬膜とは脳を覆う膜の最外層で、頭の骨に付着しています。

 

硬膜が硬いと、頭はギュッと引き締まり過ぎた形になるので、広がった方向へ動かなくなります。

 

そうすると、頭の中の圧力は上がり、それによって耳の中の圧迫感やつまり感が出てくるのです。

 

そこで耳を引っ張って硬膜を緩める事により、頭の中の圧力が解放されるので、耳の中のつまり感や圧迫感も改善します。

 

人によって効果の有無がありますが、簡単なので試してみる価値がある方法だと思います。

 

もし、効果があるのなら、一日に1回のみ行ってください。

 

頭は繊細なのであまりやりすぎてもよくありません。

 

また、これでも問題が解決しない場合は頭の骨である頭蓋骨領域に関してはオステオパシーが詳しいですので、オステオパシーを扱う整体院で施術を受けて頂くことをオススメいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA