脊柱管狭窄症に似た症状と背骨について…船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 座骨神経痛, 手、足などのしびれ, 施術について, 症状について, 股関節, 股関節痛, 脊柱管狭窄症, 腰痛

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

脊柱管狭窄症と診断されたものの中には、脊柱管狭窄症に似た症状というものが存在します。

 

そのような症状は画像では明らかに脊柱管狭窄症の問題があるにも関わらず、施術で大きく改善傾向に向く場合が多いです。

 

多くの場合、筋・筋膜の問題でそのような症状が出る事が多いのですが、中には背骨の問題で症状が誘発される人もいます。

 

特に変形性股関節症がある人は要注意!

特に変形性股関節症がある人はこのような傾向に陥りやすいです。

 

どのような経過を辿るかと言えば、このような方は動かない股関節の動きを骨盤の仙腸関節が補って頑張るようになるため、

まず、疲弊した仙腸関節周辺の靭帯が二次的に固くなり、動かなくなってしまいます。

そうなると固い骨盤の動きを補おうと腰が余計に動き過ぎるという現象がおきます。

 

その結果、腰痛になったり、次第に動き過ぎた腰部の周辺の組織の緊張が固定化して、腰椎の歪みを生んでしまいます。

 

このように腰椎の歪みが固定化してしまうと、その歪み自体を脳が覚えてしまっている状態になってしまうので、トレーニングやストレッチではなかなか良くならなくなってしまいます。

股関節に変形のある人は、腰椎から骨盤まで動かなくなると、腰部や股関節周辺の筋肉がとても硬くなります。

そして、腰部や股関節周辺の筋肉の中側には下肢への抹消神経や血管が多く走行するために、著しく神経伝達や血液循環の不良が起こります。

 

その結果、脊柱管狭窄症と同じような痛みが発生してしまいます。

 

このような方の痛みの特徴は、下肢の痛みの出る場所がコロコロ変わって、一定していない事が多いです。

 

もし、股関節に問題があり、脊柱管狭窄症のような症状で悩んでいるのなら、もしかしたら腰部から骨盤まで整えると、痛みが大きく改善する可能性があります。

 

オステオパシーでの背骨から骨盤の施術とは?

このように脊柱管狭窄症の中にはその原因が背骨の中での神経の圧迫で無いことも多々あります。

 

だから、脊柱管狭窄症で悩んでいるのなら、一度オステオパシーの施術を受ける事をオススメします。

 

脊柱管狭窄症の人は高齢の方なので、ボキボキ鳴らすような背骨や骨盤の矯正は骨粗鬆症リスクが高いですが、オステオパシーは優しい手技ですので、高齢の方にも負担が少ないです。

 

また、先程腰椎の歪みを脳が覚えているという話をしましたが、このような状態の歪みは脳の記憶を忘れさせない限り、また再発する率が高くなります。

 

そこでオステオパシーの手技では、神経に働きかける手技により、腰椎の歪みの元となる脳の記憶を解除していく方法を行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA