自律神経の調整に大事な内臓とは…?・・・船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 症状について, 腰痛, 自律神経

西船橋オステオパシー かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

前回、自律神経の問題にお腹が関係しているというお話をしましたが、

そのつながりで・・・今回は自律神経と内臓の関係です。

 

その中でも、最も交感神経に関連して重要なのが「副腎」。

 

交感神経の繊維って、アドレナリン系の物質を出します。アドレナリンは神経を高ぶらせるための物質です。

 

もし、あなたが「バイオハザード」の世界にいたとして、ゾンビから逃げなくちゃ、もしくは戦わなくちゃとなった時に、アドレナリンが放出されているのですが、この時は交感神経がものすごく亢進している状態なのです。

 

そして、このアドレナリンをホルモンとして放出している場所が「副腎」です。

 

副腎とは腎臓の上にちょこって乗っているかわいらしい臓器です。小さいですが、もとは交感神経の繊維だったという説もあるくらい、交感神経の調整に大きく関わる重要な臓器です。しかも、この副腎は交感神経の亢進が常に起こっていると、疲弊し、その影響でお腹が張ってきたりします。

赤丸が腎臓の位置で、黄色の臓器が副腎、紫色のが腎臓です。

 

また、オステオパシーではないですが、ヒーリングの世界では腰痛の原因として重視される臓器です。不安や恐れなどの感情にも大きく関与します。

 

解剖学的に見ても、腎臓と副腎の近くを「大腰筋」という腰椎に付く筋肉が走行しています。だから、副腎の疲労が大腰筋に影響を与え、腰痛になりやすくなるのは合点がいく話なのです。

 

 

そこで、この副腎を緩めるにはどうしたらよいのかという話なのですが、

 

へそを確認したら、そこから2本指分横にいき、そこから指5本分上にあるポイントを押してみてください。

「痛い」とおもったなら、そこが副腎の反射ポイントです。

 

この副腎のポイントを指でおさえて1分待ちましょう。

 

それだけでも、最初に押したときの圧痛が消えて、お腹が柔らかくなることがあります。

 

ポイントを時計回りにぐるぐるマッサージしても良いです(^^)/

 

最低でも30秒はやらなけれ効果はありません。

 

お腹が硬い方、腰が痛い方、自律神経の不調でお悩みの方ははぜひ試してみてください!