腰椎椎間板ヘルニアは手術しないと治らないのか?・・・船橋市のオステオパシー整体

Posted on Posted in ブログ, 座骨神経痛, 施術について, 症状について, 腰椎椎間板ヘルニア

千葉県船橋市のオステオパシー整体 かげん鍼灸院・整体院の坪井です。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板と呼ばれる背骨と背骨の間のクッションが変性を起こすことにより、椎間板の中心にある髄核というゼリー状の組織が飛び出してしまう状態のことを言います。

 

余談ですがヘルニアとは「飛び出す」という意味で、実はヘルニアがあるけど痛みや症状がないという「隠れヘルニア」の人は意外に多いです。

 

ただ、このヘルニアが神経を刺激してしまうと、腰・脚の痛みやしびれなど非常に厄介な症状になります。

 

そして、皆様の中には腰椎椎間板ヘルニアと聞くと、治すためには「手術」をイメージする人も多いと思います。

 

でも、腰椎椎間板ヘルニアは手術しないと治らないものなのでしょうか?

 

本日は腰椎椎間板ヘルニアと手術についてのお話です。

 

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な治療とは?

腰椎椎間板ヘルニアの場合、まず選択肢の一つとして手術があります。

 

手術して椎間板から髄核を取り出すのですが、現在は余程ひどい状態でない限り手術はしません

なぜなら、手術はそれなりにリスクも高いからです。

 

確かにヘルニアを取り出せば痛みやしびれは減弱、改善する可能性は非常に高いです。

しかし、手術をすることにより、周辺の筋や靭帯、骨、硬膜は傷つきます。

その傷ついた組織が硬くなったり、癒着を起こすことにより、後々2次的に痛みやしびれを引き起こす可能性もあります。

 

実際、腰椎椎間板ヘルニアの手術をした人が、その後しばらくして腰痛で苦しんでいるのを何人も見たことがあります。

 

だから、現在では保存療法を行い、お薬で様子を見ることが多いです。

 

でも、皆さんの中にはヘルニアで神経が圧迫されているにのに、保存療法で良くなることに疑問をお持ちの方も多いと思います。

保存療法でなぜ良くなるのか?

保存療法で良くなる理由として、ヘルニアが時間の経過と共に消失する可能性があるという事実が挙げられます。

 

実はヘルニアは免疫細胞のマクロファージによって人体の「異物」として食べられてしまい、次第に消失する可能性があるのです。

 

だから、痛み止めや神経の修復を促進する薬などを飲みながら保存療法を行う事により、痛みやしびれから解放されることがあります。

保存療法の欠点

しかし、保存療法にも欠点があります。

 

それは時間がかかること、そして、その間痛みやつらさを我慢しなければならないという事実です。

 

中には保存療法で良くならなくて手術に移行する人もいます。

 

そうならないように、この保存療法の期間にぜひともやるべきことがあるのです。

 

それがオステオパシーを含む徒手療法です。

 

腰椎椎間板ヘルニアに対する徒手療法の必要性

腰椎椎間板ヘルニアの保存療法の時期には、ヘルニアが神経を出来る限り刺激しない状態を作ることが重要です。

 

そのためには、徒手療法で腰部に負担が来ない状態を作り上げることが大事になります。

 

この時、腰の問題だからといって腰をいじくりまわしてしまいますと、ヘルニアを増悪させる可能性もあります。

 

そもそもヘルニアになる腰部は、動きすぎることにより腰椎の間の椎間板に負担がきて、ヘルニアが出来ると考えるのが妥当です。

だから、動きすぎるところをさらに動かしてしまえば、ヘルニアが憎悪するのは当然のことです。

 

では、どこに手を施せばいいかと言えば、腰以外の動きの硬い所です

実は腰椎椎間板ヘルニアは腰以外の場所が硬くなって動かなくなることにより、その動きを腰が代償しようとして動きすぎるため発症しているのです。

 

よって腰以外の硬い所に動きが戻れば、腰部への負担も減るので、ヘルニアによる神経への刺激も減り、

痛みで亢進していた交感神経も抑制されるので免疫力もあがり、マクロファージがヘルニアを食べてくれる可能性も高くなるのです。

 

このように徒手療法を行えば、腰椎椎間板ヘルニアの保存療法の期間も短くなりますし、手術に移行する率も低くなります。

まとめ

徒手療法は腰椎椎間板ヘルニアにも有効で、実際に真っすぐ歩くことが困難だった人がすぐ歩けるようになったり、しびれや感覚異常がその場で劇的に軽減する人もいます。

でも、ほとんどの場合が腰椎椎間板ヘルニアには何回かの施術が必要です。

 

ただ、それにより回復の期間が早くなり、手術への移行を防げることも事実です。

 

もし、皆様の中で腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方がいらっしゃるのでしたら、オステオパシーを含む、徒手療法を受けて頂くことをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA